住宅査定で相場をチェック

 本気で住宅を少しでも高く売ろう思ったら、住宅一括査定が便利です。
 住宅を売る時は、以前は不動産屋さんを色々回ったものですが、今はネットの時代。ネットで不動産業者さんに相見積もりが取れる時代になりました。
 家を建てる時は建築業者さんから相見積もりを取ったりしますが、家を売る時にはご近所の不動産屋さんに頼んだり、大手だからという事で不動産屋さんを決めたりしていませんか?

 不動産を本気で高く売ろうと思ったら、複数の業者さんから査定額の相見積もりを取るのが常識になりつつあるかもしれません。
 でも、住宅一括査定にも色々な種類があって、それぞれ特徴があります。
 そんな住宅一括査定をおススメ順に並べてみました。

 

不動産一括査定サイト比較

スマイスターにはプライバシーマークが

 スマイスターは、プライバシーマーク取得企業が運営していて、個人情報保護の観点からもおススメできる会社です。

スマイスターと個人情報管理

 スマイスターは「サイトのご利用によりお客様の物件や個人情報が許可無くネットなどに公開されることは一切ありません」とありますので、売却を検討しているけれど、ご近所に知られたくないと思っている人には最適です。

スマイスターの実績

 実績も結構豊富で、スマイスターの利用者は既に350万人(2015年12月現在)を突破。さらに、満足度が96%という評価(実施アンケートより)を得ています!

 

 

スマイスターの口コミ・評判

 


所有している土地を売却しようと考えていた時にネットで不動産の一括査定がある事を知り、スマイスターを利用しました。スマイスターはWEBで気軽に複数の不動産会社の査定額を比較できるのでかなり便利でした。
 実際にスマイスターを利用してみると不動産会社ごとに結構査定額が違っていたので驚きました。
 複数の会社の査定額を知ることでおおよその相場も知ることができるのでかなり勉強になりました。
一社ごとに査定額を調べると時間も掛かるので一括査定の方が簡単だと思います。

 

住宅一括査定スマイスター公式サイト

↓↓↓

イエイ
イエイは既に利用者が300.万人突破!

 イエイは2007年から続いている不動産売却一括査定サービスで、この世界では老舗です。
 不動産を少しでも高く売ろうと思っている多くの方は既にイエイを使っています。

 

イエイの加盟サイトは1000社を超えています

 CMに出てくる国内主要大手の不動産業者はもちろんのこと、地元密着の有力不動産会社など、人気の厳選1000社から貴方が売却を検討している不動産がある地域で営業活動をしている不動産業者を選んで査定依頼を出す事が出来ます。

 

多くの利用者が査定比較をして良かったと回答

 イエイのアンケートによると、サイト利用者の97%のお客様から、「査定額を比較してよかった」とご回答頂いています。

 

イエイは悪徳業者を排除

 イエイは「イエローカード制度」によりお客様からの評判が悪かったり、クレームが多い不動産会社はイエイの方から契約が解除できるような契約になっていますので、自分で不動産業者に当たるよりもイエイを使った方が評判が芳しくない業者に当たる確率は低くなります。

 

オウチーノ

 オウチーノはマザーズ上場している会社が運営していますので、信頼性が高いと言えるでしょう。
 提携している不動産業者はあまり数が多くないので、都市部向けの不動産売却一括査定サイトと言えるかもしれません。

 

 一方、市街化調整区域も査定対象になっているのが最大の特徴になると思います。
 もし、あなたが市街化調整区域にある土地や建物を売ろうかと思っていたらO-uccino(オウチーノ)を試してみて下さい。
 他の不動産売却一括査定サイトでは市街化調整区域の査定という項目は出てきませんが、オウチーノでは市街化調整区域の査定が項目として挙がっているので、地域によっては期待できると思います。

 

 

 

 

不動産売却一括査定を使うわけ


 不動産業者さんにも得手不得手がありますし、賃貸物件の管理を得意としている業者さんとか、建売住宅を売るのが得意な業者さんもあります。
 自分が売ろうと思っている物件が得意かどうか。実績があるかどうか、対象となる物件がある地域を営業範囲にしているかどうかなどで査定額が変わってくる事なども有りますから、やはり複数の業者さんによる査定をお願いするのが業者さんの間にも良い意味での緊張があって良い結果が出るかもしれません。
 他にも、普通に不動産業者さんに話せないようなことを相談に乗ってくれるところも有りますので、はじめての不動産売買で不安な人にはおススメなんです。
 不動産の価格は、評価する対象によっても違ってくる事があります。
 例えば、築30年の家があったとして、その家を価値がない古家として査定すると、土地の価格だけが査定の対象になりまし、場合によっては解体費用が余計に掛かる状況になるかもしれませんが、まだまだ住める家で車が二台置けて、しかも即入居可という所を評価すると、家の値段も査定の対象になりますから、評価が変わってくるのは当然ですね。この話は実際にあった話にフェイクを入れていますが、こうした事は起き得る話で、その不動産のどこの価値を置くのか、また、不動産業者さんが売る自信があるかどうかで価格が変わってきます。
 こういう観点から考えても、不動産は複数の業者さんに競ってもらって、売ろうと思っている不動産を高く評価してくれるところを見つけるのも結構大事な事です。
 もちろん、高く評価してくれた=売れると約束された・・とは限らないので注意が必要です。

 なかには媒介契約を取りたいがために査定額を上げて、売れなかったら「値下げしませんか」といってくる業者もある様です。
 本当に最初の査定額をだして、たまたま売れなかったという事も有るので、素人では判断できないかもしれませんが、要注意です。
 こうした事も考えると、色々な不動産業者さんと連絡を取る事になる不動産一括査定などを使うと、なんとなく自分が売ろうと思っている住宅の価値が見えてくると思うので、真面目に売ってくれる業者さんを探すせるかもしれません。
 この辺まで考えると、営業マンとの相性もとても大事になってくる事が分かると思います。
 住宅を売る際に、窓口になってくれる営業マンは自分の心強い味方になってくれないと困ってしまいます。
 極端に言うと、契約後に放っておかれても困る訳で、あらゆる手を尽くして売ろうとしてくれる営業マンを探したいところですし、また、個人的にはマメに連絡を取ってくれる誠意がある営業マンを探したいと思いますが、これも、やはり自分の足で探そうと思ったら大変な事ですから、そういう意味でも住宅一括査定などのサイトを上手く活用してより自分と相性が良い営業マンを探す事が満足できる自宅売却に繋がってくると思います。
 自分で不動産業者を当たる場合、色々と考えてしまいますが、その一つが「評判が悪い業者に当たりたくない」という事ではないでしょうか。
 住宅一括査定をネットでする場合は、評判が芳しくない業者を排除する方向で動いていますので、自分で不動産業者を回るよりはリスクが少ないと思います。
 イエイなどでは不動産業者さんに対する苦情も受け付けており、苦情が多い不動産業者とは契約解除と謳っています。